指輪のアレルギー症状

指輪での金属アレルギーの症状

アレルギーの人の症状と指輪

金属アレルギーは、金属が皮膚に当たることによって、赤みが出てしまったり、かゆみがでてしまったり、かぶれてしまったりします。そして、金属でできている指輪をはめることで、同様の症状が出てしまいます。しかし、このような人でも安心してはめられるものも存在しています。それが、金属アレルギーの人でも対応できるようなものです。症状が出にくい素材を使用しているため、安心して使用することができるのです。そのため、指輪を購入するときには、お店の人に相談すると良いでしょう。スタッフの方もプロのため、その人に合ったものを案内してくれます。

アレルギーの方におすすめの指輪

金属アレルギーがある方へのおすすめな指輪の材質は、チタン・ジルコニウム・サージカルステンレスなどです。ホワイトゴールドに混ざっているニッケルや、プラチナに混ざっていることが多いパラジウムは汗などと反応して、赤みやかゆみなどの症状がでる場合があります。チタンは手術にも使われる金属で、カラーバリエーションが豊富です。ジルコニウムは酸やアルカリにも強く、医療にも使用される銀色で光沢のある素材です。サージカルステンレスはステンレスの中でも金属アレルギーを起こしにくく敏感肌の方におすすめです。長い間、身につける結婚指輪を購入する際に、心配な場合はパッチテストも受けられます。

指輪とアレルギーの情報

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 指輪での金属アレルギーの症状 All rights reserved