安全素材でできた指輪

皆安心の安全素材でできた指輪

指輪のアレルギー安全素材

金属アレルギーになりにくい、指輪の安全素材がいくつかあります。まず、カラーバリエーションが豊富なチタンは、最近使用され始めたもので、硬くて丈夫なため傷みにくいとされています。またジルコニウムは、酸やアルカリに強くて錆びにくいため、変色しないのが特徴です。そして、ステンレスの指輪も金属アレルギーになりにくい安全素材です。ステンレスは錆びに強く、輝きが持続するという特徴があり、ステンレスの種類の1つのサージカルステンレスは、デリケートな肌の方でも安心して身につけることができます。さらに、希少性が非常に高いイリジウムは、扱っているブランドは多くないため、オリジナルのものを作ることが可能です。

金属アレルギーと結婚指輪

金属アレルギーの人はすべての金属において「身に着けることができない」と判断しますが、実はそうではないのです。指輪などのアクセサリーは1つの金属だけでは構成されていません。数種類の金属が合わさることによってできています。そのためその含まれている金属の何かに体が反応することによって金属アレルギーとなってしまうのです。結婚指輪など常に身につけるものにおいては、高純度の金属に含まれる少しの割金がアレルギー対象となる恐れがあるため、事前に調べてその金属を避ければ安心です。一生身につけるものなので、体に負担のないものを選ぶようにしましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 指輪での金属アレルギーの症状 All rights reserved